介護士かえるの一発逆転ブログ

介護士かえるの投資メインBlog。投資のみならず節約術からガジェットまで幅広く



AD

脱社畜理論と介護士の人権ガー理論の共通点

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村【初月0円キャンペーン】マネーアップ
 | GogoJungle

f:id:tonzula:20190827213437p:plain

こんにちは楽天ポイントを使った楽天証券投資信託の積み立てを楽しみに生きている介護士両生類です

 

今回Twitter上で岐阜県高山市の男性介護士虐待事件に関するツイートを多数見ることが出来ました

www.numazoko.com

 

こういう介護士が何らかの不手際で処罰される事件が起きるとほぼほぼ確実に介護士の人権ガー!が騒ぎ始めます

今回の岐阜県高山市男性介護士虐待事件でも刃物を持って徘徊している老人の相手には命の危険があるんだから、正当防衛として放り投げて当然だという意見を散見しました

 

それらの多くの意見を見て『介護士の人権ガー理論』と、「脱社畜理論」って凄く似ているなと思ったので是非読んでいただければと思います

 

キーワードは被害者意識

 

介護士の人権ガー理論と脱社畜理論の相似点

1.そもそも介護士の人権ガー理論と脱社畜理論の定義

そもそもの定義づけをしないと語れないので介護士の人権ガー理論と、脱社畜理論の定義を🐸的に勝手に行いたいと思います

(※異論反論はあるのは認めます)

 

介護士の人権ガー理論

介護士は責任が重く、重労働の割に賃金が安い

介護士は暴力やセクハラを受けても上司も会社も社会も適切な対応を取ってくれず人間として扱われていない

介護士は何かすれば虐待と言われ、家族からは無理難題を強いられている

 

社畜理論

イケ〇ヤ尊師の理論

会社員は経営者から搾取されている存在であり、会社員を続けるのは不毛である

会社から離れた新しい生き方をすればよりよい人生が送れる

大学などの教育機関は会社員を作り出すための機関であり、行かなくてもよい

 

2.介護士の人権ガー理論と脱社畜理論の相似点

介護士の人権ガー理論と、脱社畜理論の2つを並べてお気づきの方も居るかと思いますが、どちらも『強烈な被害者意識』を根幹とした理論です

 

介護士の人権ガー理論に於いては介護士という生き方に対しての社会での冷遇や、上司や会社への不理解、家族や利用者に対する不満が「社会の歪みが生み出した現状の被害者としての介護士」という考えを強烈に生み出しています

 

社畜理論においては会社員のサービス残業メンタルヘルス、安い給料という不満が「社会の歪みが生み出した被害者としての会社員」という考えを生み出し、会社員を辞めてフリーランスとして生きるべきという生き方の提示となっています

 

介護士の人権ガー理論を語るせいで社会から介護という仕事が低く見られより被害者意識が高まるというデフレスパイラル

どちらも強烈な被害者意識を根底にしていますが、脱社畜理論がフリーランスという生き方を提示しているのに対し、介護士の人権ガー理論では嫌なことは辞めよう、政治に参加しよう、とイマイチどのような生き方であるべきかは曖昧なのが現状です

 

3.被害者意識の強さとそれを利用する人たち

 

社畜理論はわかりやすいですよね

会社員としての生き方の被害者意識を煽り、イケ〇や尊師が行っているオンラインサロンや情報教材、Youtubeに誘導し収益をあげるというビジネスモデルです

 

介護士の人権ガー理論は今までは特に漠然とした不満があるだけだったのがそれを利用する人たちが少しずつ現れ始めています

例えば某有名介護ブロガーだったり(介護士の人権ガーとは言うが、具体的が事例に関する対応は何も言えないブロガーが本業介護士

介護士が働きやすい社会を作りたいですねと介護士の人権ガー理論に賛同して「見せている」新興介護メディア

 

不満を煽っている人はそれを利益にしていないか眉に唾を付けて見ような

まぁ、もっと言うのであれば介護士の人権ガー理論は政治的に利用されているんですけどね

野党たちの介護の処遇改善に関する公約と選挙活動は介護士の人権ガー理論に寄り添って見せてます

 

あらゆる社会革命が強烈な被害者意識から生まれるので被害者意識はプラスにもマイナスにも作用します

しかし、ドナルド・トランプアメリカNo1理論も、韓国の反日も被害者意識を利用しているだけに強烈な憤りを何かに感じたのであれば「それは被害者意識を煽る人たちに作られた感情ではないか?」と一度冷静になる必要があると思います

 

被害者意識の対義語を言うのであれば「自己責任」です

社会革命や社会変化も大事ですが、それって自己責任じゃない??と問いただす自分も常に身近にあるべきだと思います

社畜理論であれば、会社を逆に利用しようと思えない自分の自己責任ですし

介護士の人権ガー理論であれば、「嫌なら辞めろ」の一言で終わる話なんですよね

 

介護は嫌な人はどんどん辞めて事業所の人手不足倒産が加速すれば社会環境はよくなると思う

まとめ

今回は脱社畜理論と、介護士の人権ガー理論の共通点について語ってみました

介護士の人権ガー理論は介護の専門性や喜びが一般の方に伝わっていないぶん一般人にもウケが良いだけに厄介です

 

被害者意識から抜け出し、ポジティブに日々充足した仕事が出来ればと思います

まぁ、燃え尽き症候群になったなら少し休んでも良いと思う

どうせ万年人手不足なんだし。。。

 

www.numazoko.com

www.numazoko.com