介護士かえるの一発逆転ブログ

介護士かえるの投資メインBlog。投資のみならず節約術からガジェットまで幅広く



AD

現状の5G計画では携帯キャリアはKDDI(au)一択という話

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

f:id:tonzula:20190505205329p:plain

こんにちはあうオタ両生類代表の蛙🐸氏です。

え?!お前いつからauオタクになったの?という質問は無粋です

 

今回は次世代通信規格5Gの話

 

 

次世代通信規格5Gとは何なんだ

ja.wikipedia.org

5Gとは次世代の通信規格で韓国やアメリカでは既にサービスが開始されています。

高速で大容量、低遅延が特徴で通信性能のある小型端末IoTや自動車の自動運転技術などの進展に欠かせない技術とも言われています

その通信速度は映画を2秒でダウンロード可能の速度ともいわれ、今までの通信と違った新たなサービスが期待されます

 

一方、5Gは使う電波の周波帯から物理影響を受けやすく、大量の通信基地が必要なサービスとも言われています

 

5G計画を見れば通信キャリアはau一択!

というわけで、既に海外ではサービスがスタートしている5G

日本では海外より遅れた開始となりますが、その分基地局展開のスピードが求められています

通信会社ごとの基地局計画が明らかになりました

k-tai.watch.impress.co.jp

 

基地局の開設数を見ると、au基地局数が他社の倍以上を予定している。計画での数値は「実現可能な保守的な数値」(小林議員)と見てよさそうだが、auは、3.7GHz帯および4.5GHz帯で他社の3倍以上、28GHz帯で2倍以上のプランを示した。

 というか、au以外やる気出せよレベルですね

恐らく他社は首都圏だけ優先的に整備する計画なのに対し、auは地方も含め一気に展開させる計画だと思われます

実はauを選ぶべき理由はこれだけではなかったり…

NTTドコモauと比べ、5G向けの周波数の獲得枠が少なくなったソフトバンク

 実はソフトバンクだけ周波数の割り当てが少ないんですよ

まぁ、、、、これだ、、、、、総務省のあまくだ。。。。

色々な事情があるんでしょうね

当然、今から4Gの基地局展開をする楽天モバイルも5Gの基地局展開は遅いわけで、ドコモとKDDIの2択が賢明かなぁと思います

当然、既に上記にあげた事情を鑑みれば通信キャリアはau一択という結論が完璧に導き出されるでしょう

 

それでも敢えてau以外の会社を選択する

実はau以外でもauの回線を利用することが出来ます

皆さんご存知かと思いますがMVNO格安SIM)の利用です

 

ja.wikipedia.org

通信会社の回線を借りてサービス展開をすることにより、回線網整備の費用を負担しないことで安価なサービスを提供できる事業者です

5Gの通信網はauがベストなのは既にお伝えした通りなので、auの回線網を利用した格安SIMを使えば安価にauの通信品質を利用できるようになるかもしれません。かもしれません。かもしれません。

うん、5Gのサービス開始と同時に格安SIM会社に通信網を開放するのかはいまいち何とも言えない部分もあります

また、通信速度が売りの5Gで4Gですら速度がいまいちな格安SIMを利用する意味があるのか少し考えさせられますね

 

ただ、auの回線網を利用したUQ mobile の場合現状でもかなりの速度が出ますので、そこは期待して良いのかなぁって思います

(※実質、KDDIの子会社、サブブランドですからね。。。)

UQ mobile 以外でもau回線の格安SIMは評判が高いので検討しても良いのかなぁと思います

 

 まとめ

5G通信におけるKDDI/auの優位性の話をお伝えしました

現状でも番号そのままでの通信キャリアの乗り換えMVOへのキャッシュバックは規制されています。5Gのサービス開始と同時に総務省の縛り付けはより厳しくなる可能性も否定できません

そのことを踏まえ通信キャリアは少しずつ長期利用者へのサービス還元へ舵を切り始めています

auに乗り換えるのいつなの??今でしょ!

さぁ、みんなもauデビューしようぜええええ!

以上、INFOBARのくせにauオタク気取りの両生類蛙🐸氏からのお話でした。

お粗末。