節約術!日本株!外貨!俳句!ぬまぞこ

介護士なのに投資好き。そんな沼底に住む蛙の投資&雑記ブログ。古池に飛び込んだ爺ちゃんの遺伝子を受け継ぎ鳴き声は俳句ですケロケロ



AD

雑記:生きる意味って何だろう

こんにちは蛙🐸です。

外為オンラインでのお遊び程度のFXと、インヴァストカードでのポイント積み立て投資だけを楽しみに生きている両生類です

 

f:id:tonzula:20181119133400p:plain

 

蛙は世を忍ぶ人間の姿のときは介護士や、ケアマネをやっています

 

世の中では自分探しや、新しい生き方や、生きる意味なんかをさかんに叫びますが

本当にそれって必要なのかなって思います

 うん、何か目標があって、それに向かって一生懸命努力する姿は美しいよ

それは否定しない。

でも、ただただ漠然と川の流れに身を任せるような生き方だって良いんじゃないかなぁ

 

世の中的には認知症になったら終わりだとか、認知症になるくらいなら死んだ方が良いとか、糞小便垂れ流す前に早く死にたいとか、そんな言葉が溢れているけど

日々、仕事で認知症の人と接して、その人々から多くの学びを得て、瞬間瞬間の時間を大切にして生きている蛙🐸としては『そもそも生きていくことに意味を持たせる必要ってあるのかなぁ』って思うんだ

 

元ヤ〇ザの入れ墨が入っている人、精神疾患なのか認知症なのかよくわからない人、家でネグレクト(介護放棄)を受けてた人

介護施設には色々な人が流れ着いてくるけど

誰が死んでも悲しいし

誰が死んでも生きている人に何か学びを残して人は消えていく

 

生きることに意味なんか持たせようとするのは大脳新皮質が肥大化し過ぎた人間の病気だと思います

ミジンコなら目の前に食べ物があるとそれを食し、排泄し、そして繁殖し、最後に死ぬだけ

本当にただシンプルに生きていくだけ

 

誰かは生活保護のお金でパチンコ屋に行く人間をバカだと笑うだろう

誰かは会社の奴隷となって必死に日々を生き繋いでいる人をバカだと笑うだろう

 

でも、もっとシンプルに

生きるってこと自体が美しいんじゃないかなぁ

 

蛙🐸は春になったら雪解けを喜び、夏になったら木々の緑を愛で、秋になったら美味しいお米を食べて、冬になったら寒いねと身を寄せ合う

そんなシンプルな全く意味のない物事を大事に積み重ねて、全く意味のなかった人生を静かに終えられれば十分かなって思っています

 

 宮沢賢治雨ニモマケズという詩があります

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ※(「「蔭」の「陰のつくり」に代えて「人がしら/髟のへん」、第4水準2-86-78)
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

 

生きていく意味を探すより

今日の空と風と光と、すぐ横に居る誰かを大事に生きていきたいと思うのでした

 

ということで、XRPリップル)上がれ!

↑!言論不一致!↑