介護士かえるの一発逆転ブログ

介護士かえるの投資メインBlog。投資のみならず節約術からガジェットまで幅広く



AD

長期目的株フォルダーなら貸株を利用しよう

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村【初月0円キャンペーン】マネーアップ
 | GogoJungle

f:id:tonzula:20181019145515p:plain

こんにちは、RIZAP株がガンガン紙屑に近づいているのに毎日、笑顔で過ごしている蛙🐸です。

株に関する考え方は人それぞれだと思いますが、株を「資産」と考え、長期目的で運用する場合、貸株という有効なサービスをご存知でしょうか

今回は貸株サービスを紹介したいと思います

 

 

株を資産と考えて運用する

株というとデイトレードで1日に10万円勝った、負けたというイメージかもしれませんが、本来の株を買う意味とは会社の理念や方向性に共感し、その会社を応援するために買うのが目的です

なので、基本、株に利確なんてないんですよ。「下がったら買いなおす」「買い増しする」しかないのが株を資産と考えて運用する基本的な方向性です

 

株を資産として運用。なぜ、下がったら買いなおすのか

株を資産として運用する場合、よく下がった時に損切りして一度売り、もう一度同じ銘柄を買いなおすことがあります。

そんなことする意味あるの??と思うかもしれませんが非常に重要な手段です

理由は単純、税金対策です。損切りして買いなおしをすれば帳簿上損をしたということになるので、会社員の場合は副業の税金21万円枠の損失分として計算することが出来ます

株以外での収入がある人は特に損切り買いなおしを上手につかって節税対策をしていきましょうね

 

株を資産と考えたら買い増ししかない理由

株と言ったらある程度の価格になったら利益確定するというのが一般的です。

でも、資産と考えた場合は基本的に「買い増し以外方法はありません」

もし、あなたがAmazonの株を初期に買ったとして

2倍になったら利確しましたか??

3倍になったら利確しましたか??

そうです。利確脳だとどこかのラインで利確をしてしまうでしょう。でも、Amazonの株は900倍にもなっているのです。

株を資産と考え、会社への応援だと考えるなら基本的にお金に余裕が出た時、下がった時に買い増しはあっても、利確はありません。

これが長期ホールドの基本的な考えです。

 

それでもやっぱり株を売るべきとき

基本的に、株は買い増ししかないと言いましたが「売るべき」と判断するときもあります。

会社の方向性が迷走し始めたときです。

先ほど株は理念や方向性の応援の為に買うとお伝えしました。

その会社本来の理念と違う方向に走り出した時、短期の収益の為ばかりになり長期的視野がなくなったとき、その会社の株は売り時です。

 

株の長期ホルダーなら貸株サービスを利用しよう

www.rakuten-sec.co.jp

 

貸株サービスとは、持っている株式を機関投資家などに貸し出し、貸し出しに応じた金利が貰えるサービスです。

株によっては10%以上の金利が貰える株もあります。

 

ただ、注意点もあります。

orekabu.jp

 

  • 配当金代わりに貰えるお金(配当金相当額)が雑所得扱いになること
  • 証券会社が倒産した場合、株がなくなってしまうところ
  • 長期保有優待の優待株の場合、長期保有としてカウントされないところ
  • すぐに売りたい時に対応が遅くなる可能性があること(短期売買には向かない)

 

の以上、4点ですね

中小の証券会社での運用はそれなりのリスクがありますが、大手なら『たぶん』大丈夫

私も実際に貸株サービスを利用しています

f:id:tonzula:20181024103245p:plain

 

金利ボーナス銘柄はこんな感じ

f:id:tonzula:20181024103321p:plain

話題性の大きい銘柄が金利ボーナス銘柄になりやすいので『今、どの会社の株が話題になっているか??」を知る指標にもなりえます

私が使用している証券会社カブドットコム証券の場合「NISA口座」の銘柄や、100単元以下で株を購入できる「プチ株」は対象には含まれませんでした。

この辺も要注意ですね

 

まとめ

株を長期保有するなら金利が受け取れる貸株サービスを上手に利用していきましょう。

手元資金に余裕があるなら『貸株金利だけで生活』も可能かも?!

ただ、リスクはゼロではないのでそこのチェックもかかさずに!

 

 

楽天証券 ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン

楽天証券だと、楽天スーパーポイント楽天市場で貰えるアレ)で投資信託買えるのか。。。

これはメリットでかいな

今はやりの投資信託すらロボアドバイザーに任せる楽ラップなるものもあるそう…

楽天カードや、楽天スマホなど、超楽天経済圏に居る方は選ぶ証券会社筆頭ですね